ソーシャルレンディングはわかりやすい | ソーシャルレンディング実践ブログ

HOME » ソーシャルレンディング実践ブログ » ソーシャルレンディングはわかりやすい

ソーシャルレンディングはわかりやすい

資産運用にチャレンジしてみたいけど失敗が怖い、できるだけリスクのない方法を知りたい…そんな人も多いと思いますが、今おすすめなのが「ソーシャルレンディング」と呼ばれる方法で、これは資産運用初心者の人でもわかりやすいと言われています。
それではソーシャルレンディングとはどのようにして進めて行くのでしょうか?

まずソーシャルレンディングのシステムから説明すると、ここには資産運用をしたい人・ソーシャルレンディングの運営会社となるファンド・資金調達を求めている企業の3つが関係してきます。
基本的な構造としては資産運用をしたい人が資金調達を求めている企業に対して融資を行い、その返済金についてくる利息で利益を得るのが主な特徴となっており、仲介しているのがファンドとなります。
つまり資産運用したい人→ファンド→資金調達したい企業という流れでお金が渡っていき、返済するときにはその逆になるというわけです。

はじめはどこのファンドを利用するかというところからスタートしますので、信頼できるファンド選びをしなければなりませんが、最近ではソーシャルレンディングの専門サイトも増えてきており、その中でおすすめのファンド情報なども掲載していますしファンドごとのメリット・デメリットもチェックできるようになっています。
そういった情報を参考にファンドを選んだら次は口座を開設して入金します。
ファンドの口座開設時には株取引の際の信託銀行や証券取引所と同様に審査が行われ、そこで問題がなければ入金手続きに移ることができます。

その後どの企業に融資するのかを決めますが、これは株取引で言うところの銘柄選びと同じですから十分に時間をかけていきましょう。
とは言え、ソーシャルレンディングは株取引のように投資した企業が利益を出さなければこちらも利益が得られないといったことはなく、返済さえきちんとされていれば利息も入ってくるのでリターンは株取引よりも得やすいです。
大きなリターンは期待できないものの、その分確実性は高いので資産運用初心者の人でもはじめやすいですし、システムがシンプルなのでわかりやすいのではないでしょうか?

参考にしたい情報としては実際にソーシャルレンディングをやっている人のブログや専門サイトで、ここでは基本的な情報はもちろん、どのようにして利益を出していくのかポイントなども記載してありますから、積極的にチェックすることをおすすめします。