ソーシャルレンディングの配当金 | ソーシャルレンディング実践ブログ

HOME » ソーシャルレンディング実践ブログ » ソーシャルレンディングの配当金

ソーシャルレンディングの配当金

自分の資産をうまく運用していきたいという人も多いと思いますが、いざ実践するとなるとどんな方法を選択すればいいのか分からない…という人もいるでしょう。
資産運用=難しいというイメージを持っている人もたくさんいますし、実際に資産運用をしてみて失敗してしまうケースもありますから、どういった選択肢があるのかきちんと理解しておくことは最初のポイントと言えそうです。

初めて資産運用をする場合、まずはできるだけ分かりやすいやり方でできるものがおすすめで、しかもサポートをきちんと受けられるもののほうが失敗する可能性を低くできます。
どれだけたくさんのリターンが期待できるとしても、リターンがなければ意味がありませんので、初心者の人はできるだけ確実性の高い方法を選択するのが賢明です。

そういった意味で最近おすすめなのがソーシャルレンディングと呼ばれる方法で、これは簡単に言えば融資型のクラウドファンディングのようなもので、通常のクラウドファンディングと異なるところはきちんとお金で返ってくるところです。
通常のクラウドファンディングは購入型と呼ばれるもので、資金を必要としている企業や個人のサービスを購入する感覚に近いものがありますので、現金での見返りはあまり求めないところがあります。
しかしソーシャルレンディングの場合は運営会社となるファンドを通して資金調達を求めている企業に対して融資するので、きちんと返済があります。
返済時には利息がついてくるので、その利息分で利益を出すというのがソーシャルレンディングのやり方なのです。

投資したい人→ファンド→資金調達を求めている企業という流れでお金を融資していくため、ファンド側にも手数料と言う名目でお金がいきますから利息分すべてが配当金のようになるわけではありませんから、できるだけ自分のところへ多く入ってくるファンドを利用するのがポイントになります。
また、返済は1年後に一括返済という形もあれば、1か月に1度返済というような形もあり、これは利用する側が選べますので投資する企業を選ぶときに条件などを見ながら吟味してください。

たとえば100万円の融資を行って、1年後に110万円返ってきたとすると10万円がいわゆる配当金の部分にあたります。
このようにソーシャルレンディングは株取引のように投資先が必ずしも利益を出さなくても返済金の利息が入ってくれば自分の利益になるので確実性が高いのです。